最新鋭白内障手術

FLACS(フェムトセカンドレーザー白内障手術)とは

特徴

FLACS(femto laser assisted cataract surgery)とは、フェムトセカンドレーザーによる白内障手術です。従来は術者の技量に委ねられていた前嚢切開(水晶体嚢に円形の窓を作る)、水晶体の核の分割、角膜の創口作成、乱視矯正角膜切開といった過程をミクロン単位の非常に高い精度で行うことが可能です。
これらの過程は白内障手術後の「裸眼視力を左右する屈折矯正の精度」を上げるために特に重要な部分ですが、FLACSにより熟練した術者以上に非常に緻密な手術が可能で、特に多焦点眼内レンズの効果を最大限引き出すことが期待できる技術です。

最新鋭白内障手術システムのメリット

  • 手術の正確性・安全性が非常に高い
  • 術後の屈折(遠視・近視・乱視)のコントロールが良い
  • 多焦点眼内レンズの効果を最大限引き出す
  • 眼への負担が少なく術後の回復が早い

術後に良い結果が得られやすい

手術の流れ

手術の計画

手術の計画

目の状況(水晶体・角膜の厚さ、角膜乱視軸等)に応じて最適な手術プランを作成します。

角膜切開(レーザー使用)

角膜切開(レーザー使用)

レーザーで最適な位置に正確な切開を作成します。メスは使用しません。
※目の状態によってはメスを使用する方が正確な場合があります。

前嚢切開(レーザー使用)

前嚢切開(レーザー使用)

レーザーで最適な位置に正円の前嚢切開を作成できます。

核分裂(レーザー使用)

核分裂(レーザー使用)

レーザーで最適かつ容易に乳化吸収できるように予め分割を加えます。

水晶体核吸引

水晶体核吸引

細分化した水晶体核は容易に吸引できます。

眼内レンズ挿入

眼内レンズ挿入

インジェクターを用い水晶体嚢に眼内レンズを挿入します。眼内レンズは目の中でゆっくりと開きます。

装置について

白内障手術の未来がここに結集されています

FLACS をより高度に最大限効果を発揮させる為に開発されたシステムが Alcon Cataract Refractive Suite™です。

特に多焦点レンズでの見え方は手術後に残存する屈折ずれに大きく左右されるため、このシステムの有無が大きな力を発揮します。

より良い結果を得たい方のためのプレミアム白内障手術システムです。

単焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用

LenSx

レーザー白内障手術装置

フェムトセカンドレーザーと呼ばれる1000兆分の1秒のレーザー照射により、メスを使わずに人間では不可能なミクロン単位レベルの切開を正確に短時間で安全に行う装置です。

LenSx

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

ORA System with VerifEye Lynk

術中診断ツール

眼内レンズの度数計算は手術前に外来検査機器で検査をし、その結果 を元に決定することが主流でした。ORAシステムは手術中リアルタイムに眼の状態を測定し、適切な眼内レンズの度数を提案する日本で唯一の機器になります。術中にインターネット経由で100万眼のデータサーバから、最適なレンズ度数が数秒後に送られてきます。そのため、術前のレンズと変わってもいいように、あらかじめ約1,300種類のレンズを院内に用意し、対応できるようにしています。このシステムを使用することにより手術後の見え方の質を向上させることが期待されます。

LenSx

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

VERION

術中の眼内レンズと乱視の診断ツール

目の形を解析し、最適な切開部位や乱視の軸などを顕微鏡内に投影して手術中にガイドするシステムです。
ORA™とVERION™は以前は別々のシステムでしたが、V-Lynkになり機能が統合され、より精度が向上しました。
乱視がある場合にはVERION™のデータをもとに乱視を軽減する角膜減張切開をLenSx™により白内障手術と同時におこなうことができます。

VERION

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

CENTURION

白内障手術装置

術中の眼内圧の変動を抑え、一定に保つことができるようになり、安定して手術が行える超音波乳化吸引装置です。
現在、白内障手術の切開創を最も小さく実施できる手術機器です。白内障手術を実施する患者さんに乱視がなく、手術後も乱視の影響を極力受けないように最も小さい切開創(1.8~2.4mm)で手術を行うことができます。
また、白内障の乱視矯正手術の場合には、この切開創も乱視矯正のために利用します。

CENTURION

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

LuxOR

手術用顕微鏡

Alcon Cataract Refractive Suiteとの連携を前提に開発された顕微鏡で、VERION™やORA™systemとの相性が抜群です。これらのシステムと連携することで、ただの白内障手術から屈折矯正を意識したより高度な白内障手術をすることが可能になります。

LuxOR

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

単焦点レンズで使用多焦点レンズで使用

CASIA2

前眼部光干渉断層計(前眼部OCT)

当院は、前眼部OCT『CASIAⅡ(カシア2)』を導入いたしました。
CASIAⅡは非接触で目の表面(角膜)から内面(水晶体)まで、3次元撮影が可能な最新式の検査装置です。
従来の検査装置では観察が困難な混濁症例の場合でも、撮影および観察が可能であるため病態の診断精度が向上しました。
白内障術前後の検査、角膜混濁、円錐角膜など多種多様な角膜疾患の検査、閉塞隅角など緑内障検査に威力を発揮します。

CASIA2

合併症について

手術中

破嚢(はのう)

ごく稀に、にごった水晶体が入っていた袋が、何らかの原因で術中に破れる事があります。これを破嚢といいます。
この水晶体嚢に眼内レンズを入れるため、大きな破嚢が起こった場合には、手術前に予定していた眼内レンズを挿入できないことがあります。

手術後

後発白内障

眼内レンズを入れる袋の奥側がにごって、手術後に再び目がかすむことがあります。それを後発白内障といいます。
治療はレーザーを用い、簡単に短時間で、にごりをとることができます。

グレア・ハロー

術後に良い結果が得られやすい

強い光源を見た場合に強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。個人差はありますが手術後の時間の経過とともに慣れてくるといわれています。
実際、多くの患者さまが、術前より上記のように感じることが少ないとおっしゃっています。

【注意事項】
※眼の状態の診断によって眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。くわしくは医師、スタッフにおたずねください。

上へ
下へ